忍者ブログ

in POCKET log.

110カメラの同人誌を細々と頒布している個人サークル「デュアルパトローネ」主催者のブログ。主に同人活動と110カメラ/フィルムについて、これまた細々と更新予定。詳しい話はホームページ(http://dualpatrone.tubakurame.com/)にて

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペンタックス最期の日

ちょっと残念なニュースがあった。ペンタックスリコーイメージングの社名から「ペンタックス」の文字が消えるのだ。

「ペンタックス(株)がHOYAに買収された時点で名前が消えてたんだから……」と仰る向きもあるが、あのとき少なくともカメラ事業は「ペンタックス事業部」として存在していた。しかし今回は、カメラ事業を扱う会社の社名からもその文字が消え、純粋に一眼カメラのブランド名となってしまうのだ。それが何となく悲しい。

社名変更の前日である7/31、ふと思い立って板橋まで出向いてみた。
東上線のときわ台で下車。ときわ台は、かつて高級住宅地として分譲されたところで、駅を中心として田園調布のように、放射状の道路と環状の道路が組み合わさっている。
駅からまっすぐ北へ延びる道を進む。地名が常盤台から前野町に変わったあたりから、町工場などが増えてくる。かつてはペンタックス(の前身の旭光学)も、こんな町工場から出発したんだろうなあ、と想像をめぐらす。元々板橋区は光学機器メーカーが多く集まっていたという。で、そんな町工場が多く立地する入り組んだ道にはまってしまい、すっかり迷ってしまった。仕事帰りだからもう暗くなってくるし。電柱看板に「PENTAX」の文字を見つけた時はほっとした。ほどなく現地に到着。

PENTAX Q7+03FISH-EYE。全体像を入れたいとき、魚眼は重宝することを実感。
もう夕方のためか、表の看板は「リコーイメージング」に掛け替え済みだけれど、建物には堂々の「PENTAX」の文字。願わくば、PENTAXのブランドが長く続いていきますように。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[08/14 tuokmajutf]
[05/07 foecrkthed]
[04/12 azqtytzmrz]

プロフィール

HN:
ギニョさん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R